ビットコインの急騰、中国の取り締まりはどれほど影響しているのか?

リップル
ビットコインは11月18日、2017年12月以来初めて1万8000ドルを超えた。「気乗りしない売り手に対して、買いの強いパワーが津波のように押し寄せている」と暗号資産(仮想通貨)運用会社、バイトツリー(ByteTree)のチャーリー・モリス(Charlie Morris)CEOは顧客宛ての文書に記した。「買い手は、個人投資家によく見られる少額ではなく、ビットコインにかなりの資金を投下している」価格上昇の要因は?新型コロナウイルス感染拡大が世界経済に大きな打撃を与え、安全資産に対するニーズは高まった。過去数カ月におけるビットコインの急騰は、マクロ経済要因が大きく影響していると言える。一方、その価格上昇が単に、中国のマイナー(暗号資産の採掘者)が支払いに必要な現金を手に入れるためにビットコインを売却する場所を見つけることに苦戦している結果だとしたら?つまり、市場に出回るビットコインが少なくなっており、それが価格を上昇させている一因になっている可能性は考えられないだろうか?QCPキャピタル(QCP Capital)によると、政府がマネーロンダリングの取り締まりを強化したことによって、中国では

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました