仮想通貨フレンドリーな国は米国?

リップル
 仮想通貨は発表以来、特に米国では取り締まりや規制変更の動きがあった。しかし、ディークレッド(Decred)の共同創設者であるジェイク・ヨコムピアット氏は、米国が最も仮想通貨フレンドリーな国であると考えている。「仮想通貨はほとんどの国と地域で個人資産として扱われているため、税務上の扱いは比較的統一されている」とヨコムピアット氏は述べ、次のように指摘した。「仮想通貨のトランザクションは言論の一形態であり、言論の自由が保護されている州は仮想通貨を制限する可能性が最も低い。米国は現在、多くの社会政治的問題に苦しんでいるが、言論の自由とパスフレーズの強制開示に対する保護により、世界で最も仮想通貨フレンドリーな国となっている。」2017年以降、仮想通貨業界は、ICO関する訴訟から、ビットメックスなどの企業に対する告発まで、米国の規制当局から数々の規制措置を受けてきた。司法省のサイバーデジタルタスクフォースも最近、仮想通貨規制のガイダンスを発表した。今年初め、トム・エマー米下院議員(共和党)は、米国が法的なプロセスや要件の中で革新的な進歩を阻害していることへの懸念を表明した。しかし、ヨコムピアット

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました