仮想通貨取引所コインベース、証拠金取引を終了へ CFTC新規制が理由

リップル
 米国の仮想通貨取引所コインベースは、11月25日、証拠金取引サービスを終了させることを発表した。理由として、米商品先物取引委員会(CFTC)による新たなガイダンスをあげた。コインベースの公式ブログによると、顧客は11月25日午後2時(PT)より、新たに証拠金取引を開始することができなくなる。すべてのポジションが期限切れになった後、12月にはすべての関連商品がオフラインになる。「我々は、マージントレード関連商品に対するクリアで常識的な規制が、米国顧客を守り安心感を与える上で必要と信じている。この目標達成のため、規制当局と共に歩んでいくことを楽しみにしている」コインベースは、今年2月に対象をプロトレーダーに限定した証拠金取引サービスを開始。レバレッジは3倍に設定していた。コインベースは2017年にイーサリアムの価格が暴落した際にビットコインやイーサリアム、ライトコインの証拠金取引を停止。同社ビジネス・データ&インターナショナルの部長であるエミリー・チョイ氏、2019年5月、証拠金取引は「間違いなく次の大きなステップになる」と話していた。 参考資料:https://jp.cointeleg

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました