米ドル指数が2年7ヶ月ぶりの安値、ゴールドとビットコイン市場で明暗

米ドルが続落世界基軸通貨である米ドルが続落している。東京外国為替市場では、ドル円相場は1ドル=103円台までの下落を見せ、2016年以来に103円台をみせた。円やユーロなど世界各国の主要通貨と比較した「ドル・インデックス(指数)」も、2018年4月以来の安値となる91.7まで低下。新型コロナウイルスのワクチンに対する期待感の高まりに伴うリスク選好や米金利低下などが背景にある。10月後半から11月にかけ新型コロナウイルスの感染者が各国で再拡大しているほか、米大統領選に関してトランプ大統領が異議を唱えるなど先...
Source: 仮想通貨ニュースサイト

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました