コインベースでXRP価格は一時0.9ドルに 急落はなぜ起きた?

リップル
 仮想通貨(暗号資産)XRP価格は、24日に米国の仮想通貨取引所コインベースで、0.90ドル以上に急騰したが、数秒で30%下落した。価格は2018年5月以来の高値だった。コインベースで狂乱XRP価格がコインベース以外の取引所ではここまで高騰しなかったことから、今回の上昇はコインベース主導で起きたようだ。ビットスタンプとバイナンスでは0.79ドルが高値となっていた。暴落後まもなく、米国のツイッターでは「Coinbase」のハッシュタグがトレンド入りした。(出典:トレーディングビュー「CoinbaseのXRP/USDチャート」)コインベースの公式ページでは全て正常に動作しているとしているが、情報筋によると、実際には問題が発生したようだ。(出典:DownDetector)ツイッターの偽名ユーザー「Mike Palagi」はDownDetectorに「コインベース初心者の私のXRP取引は全てが宙に浮いてしまった。下落したあとにようやく再開したため、大金を失ってしまった」と書き込んだ。急落の引き金は?今回の上昇は10月下旬にクジラ(大口投資家)が当時で5000万ドル相当のXRPをビットスタンプに

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました