2020年12月01日 初級セミナー 動画 ETH2.0が登場!ステーキング方法&利回り

リップル
イーサリアム2.0は、イーサリアムのスケーラビリティ改善を目的に立ち上げられる大規模なアップグレードだ。イーサリアムは、取引承認のコンセンサスメカニズムをプルーフオフワーク(PoS)からプルーフオブステーク(PoS)に切り替える。イーサリアム2.0の最初の段階となるフェーズ0(Phase 0)の立ち上げは、12月1日と予定されている。フェーズ0の一部であるビーコンチェーンに先駆けて、ステーキング参加者が資金を用意するためのアドレスであるETH預金アドレスに必要な預金額が集まった。デポジットコントラクト(ステーキング)の閾値の条件(524,288ETH)は11月24日に満たされ、現在863,616 ETHがデポジットコントラクトに入金されている。総額は、540億円を超える。 イーサリアム2.0は、コンセンサスアルゴリズム「PoS」への移行や、バーチャルマシンの変更、シャーディング等を含む大規模なアップデート。DeFi(分散型金融)市場が急拡大する中で必要なネットワークの処理速度(=スケーラビリティ問題)を大きく改善する可能性のある仕様変更でもある。1日には、フェーズ0として、イーサリアム

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました