トレーディングビューのGM、2017年と2020年の強気相場の違いを分析

リップル
 仮想通貨(暗号資産)市場は2009年に始まって以来、数々の強気相場と弱気相場を経験してきた。特に2017年の強気相場は、仮想通貨価格の高騰と成長を支え、業界にとって最大のイベントだった。そして、一時過去最高値を超えた現在の仮想通貨市場は2017年と比べて、どう異なっているのだろうか。仮想通貨や株のチャートを提供する投資家向けプラットフォームのトレーディングビューでゼネラルマネジャーを務めるピアース・クロスビー氏は2017年と2020年の仮想通貨市場について、資産の分散化が大きな違いだという。クロスビー氏はコインテレグラフに対し「重要なのはアカウントが分散していること。つまり特定の仮想通貨を保有している口座の総数だ」と語っている。「2017年はアカウント数が非常に少なかったが、現在は驚異的に増えている。コインベースだけでも3000万のアカウントを持っている」コインベースは現在3500万以上のユーザーを誇っており、CNBCが報じた2017年10月の1170万から大きく増加している。「さらに機関投資家が所有し始めたことも、価格上昇の強力な『サポート』要因だ」とクロスビー氏は指摘。2020年

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました