OKExから大量の仮想通貨が流出 出金再開直後、ビットコイン急落の時間帯に発生

リップル
 5週間の出金停止の後、仮想通貨取引所OKExは日本時間11月26日午後5時に出金を再開した。再開後、1億1000万ドル(約114億円)相当の仮想通貨が流出したことが明らかになった。26日の午後5時頃はビットコインが急落し、一時1万6500ドルを下回った時間帯だ。クリプト・クオントのCOO(最高執行責任者)であるメイソン・ジャン氏によると、OKExから2822BTCが流出。そのうち446BTCはバイナンスに送金された。また、54の口座がビットコインを出金したという。(出典:Twitter「OKExからのビットコイン出金」)また同時にOKExの独自トークンであるOKBが大量に流出した。ホエールアラートによると、約1億700万円相当のOKBがOKExからFTXに移動した。OKExは、先月16日に出金を一時停止していると発表。当時は、秘密鍵の保有者の1人が、進行中の「調査」に関連して「現在公安当局に協力している」ため、取引所側で関連する承認が完了できないと発表していた。その後、警察に拘束されているのは、創業者のミンシン・シュー氏(スター・シューとしても知られている)と報道された。しかし、今月

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました