XRP(リップル)保有者向け通貨付与、日本の対応に遅れが生じる背景を考察

FlareNetworks「FlareNetworksのような事例が続くと、正直厳しい・・・」国内業界関係者から、このような声が漏れつつある。FlareNetworksとは、Ripple社の投資部門「Xpring」からの支援を受けており、仮想通貨XRP保有者向けにネイティブトークンSparkの付与(エアドロップ)を予定する企業のこと。12月12日に配布する数量を決定するスナップショット(権利確定日)が迫るなか、取扱い審査の厳しい日本国内では、顧客預かり資産のXRPに対する付与方針の決定について、事業者が四...
Source: 仮想通貨ニュースサイト

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました