リップル社CEO、仮想通貨の高騰要因を解説

リップル
仮想通貨市場とBTC(ビットコイン)3日の暗号資産(仮想通貨)市場。ビットコイン(BTC)価格の乱高下はやや落ち着き、前日比+1.34%の198.7万円(19,040ドル)と高止まりしている。TradingViewのBTCUSDチャート強い売りを吸収するように調整局面での反発が強く、大きな節目でホルダーが入れ替わっている可能性を示唆する。先日の急騰時に乖離が大きくなっていた「25日移動平均線(25MA)」は、184万円(17,600ドル)まで上昇しており、横軸調整が済めば再度上値を追う展開も考えられる。底堅さの背景に、3年前と異なる市場構造2万ドル目前まで高騰したビットコイン。17年末の仮想通貨バブルに匹敵する強気相場であることは火を見るより明らかであるが、その構造は当時の未熟な市場とは大きく異なる。17年〜18年にかけてICO詐欺やコインチェックなどの大規模不正流出事件が相次いだことを機に、先進国を筆頭に投資家保護を規制面が大幅に整備された。市場規模拡大と共に、”新たな資産クラス”として市場の透明性や健全性が評価されるようになり、昨今の機関投資家の流入につながった。また、以前までの高

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました