仮想通貨イーサリアムクラシック、ハードフォーク「Thanos」を予定 | ハッシュレート向上狙い

リップル
 イーサリアムクラシック(ETC)は、ハードフォーク「Thanos」の実行を計画している。これは、4GBのRAMを搭載したグラフィックカードでのマイニングをさらに数年間保証するためのアップグレードとなる。アップグレードは、1170万ブロックで予定されている(28~29日のうちにマイニングされる見込みだ)。イーサリアムクラシックのマイニングアルゴリズム「Ethash」のパロメーターをロールバックする。Ethashは、DAGと呼ばれるマイニングプロセス中に使用される事前計算されたデータセットを備えている。このデータセットは18ヶ月ごとに約1GBの割合で増加し、現在は4GBに近づいている。これは、Ethashのマイニングで使用される多くのグラフィックカードと一部のASICで問題を引き起こすことになる。つまりこれらのデバイスでイーサリアムクラシックをマイニングできなくなる恐れがある。Thanosのハードフォークは、DAGのサイズを半分にすることを目的としており、4GBのデバイスがさらに3年間はマイニングを継続できるようにする。ハードフォークの目的は、主にイーサリアム(ETH)から零れ落ちてくる

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました