強気のビットコイン市場に今から参入するには──ローリスク戦略「ドルコスト平均法」は有効か

リップル
暗号資産のビットコインは3月に4000ドルを割って底を打ってから、大きく回復してきた。12月1日、1万9900ドルを超えて史上最高値を更新し、年初から170%近く上昇している。機関投資家の参入が続く一方で、個人投資家の多くは市場に参入できずにいる可能性が高い。過去数週間で、「機会を逃すことへの恐怖(FOMO:fear of missing out)」が芽生えたことだろう。ビットコインが史上最高値付近で取引されている今、大幅な価格下落の可能性はゼロではない。ビットコインは過去の強気相場で20%以上の下落を経験している。ビットコインの価格推移(2017年11月30日〜2020年12月1日)出典:CoinDeskこの状況のなか、ビットコインの購入を考える投資家は「ドルコスト平均法(DCA: dollar-cost averaging)」を検討すべきだと、複数の暗号資産トレーダーは述べる。​ドルコスト平均法はビットコインのみならず、グローバル株式インデックスのような資産への投資を行う際にも用いられる方法で、今後数年間は実質金利がマイナスになることを背景に、この方法がより多く使われるだろうと、流

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました