米CMEビットコイン先物、1280ドルの「窓」確定 今年最大

リップル
米CMEビットコイン先物の窓、1280ドル週末の変動幅を織り込んだCME(米シカゴ・マーカンタイル取引所)のビットコイン先物は、1280ドルの「窓(ギャップ)」で取引を開始した。先週末の終値16,995ドル(1,768,329円)に対し、始値が18,275ドル(1,901,513円)となった。出典:CME先週末の仮想通貨(暗号資産)市場は、ビットコインが27日に3000ドル幅安と大幅下落を記録。史上最高値更新目前に迫るなど、騰勢を強めたビットコイン市場も利益確定売りが先行し、価格が乱高下した。週末には再び買い戻す動きが確認され、再び18,000ドル台で取引されている。ビットコインが週末に変動した値幅(CME取引時間基準)では、2020年最大。コロナショック時(3月9日)の900ドル、ビットコイン半減期前(5月11日)の1265ドルを上回った。CMEのビットコイン先物市場は、約1ヶ月で2倍以上まで市場規模を拡大しており、建玉は11億6000万ドルを超えた。ビットコイン先物市場では先週末の金曜日時点で、OKExを抜き、最大となった。ArcaneResearchは同結果を受け、機関投資家に関

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました