2020年12月07日 初級セミナー(動画) 暗号資産(仮想通貨)NEM(ネム)のSymbol(シンボル)対応取引所!

リップル
■NEM(XEM)NEMはビットコイン2.0の一つで、平等な分散型プラットフォームとして新たなデジタル通貨による経済圏を作り出すことを目標としています。独自通貨発行等の機能は、他のビットコイン2.0プラットフォームのものと同様ですが、PoIという独自のシステムやネットワークのセキュリティ保護に力を入れているのが特徴といえます。日本の仮想通貨取引所Zaifの運営会社が開発するプライベートブロックチェーンmijinがNEMの技術をもとにしていることなどから、日本でも注目度が高い暗号通貨の一つです。■NEMのSymbol1月にローンチが予定されているネムのSymbolブロックチェーンでは、ダッシュボードを介して簡単にトークンを発行することが可能だ。さらにSymbolでは、規制の枠組み内でトークン技術を利用したいエンタープライズ向けに、機能制限を可能にするカスタマイズ機能がプロトコルに組み込まれている。この機能を利用することにより、規制に沿ったトレードが行えるようにプログラムされたトークンを発行することができる。例えば、トークン化した株を保有する際にKYCプロセスが必要な場合、KYCプロセスを

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました