「噂で買って事実で売る」仮想通貨イーサ急落 ETH2.0開始直後

リップル
 イーサリアム2.0の最初の段階となるフェーズ0が12月1日12時(UTC時間)に立ち上げられたが、仮想通貨イーサ(ETH)は急落して節目の600ドルを下回った。投資家たちは「噂で買って事実で売る」を実践したのかもしれない。1日の立ち上げ前までイーサは堅調に推移していたが、実際の立ち上げ日にビットコインより大きな下げ幅を記録した。イーサリアム2.0は、予定通りに問題なく立ち上がった。イーサリアム共同創設者のヴィタリック・ブテリン氏は、ビットコインのように最初のブロックに「人類のため大きな一歩」など大仰なメッセージを書かなかったことについてイーサリアムらしいという主旨の発言をした。(出典:TradingView.com「イーサ/米ドル(4時間足)」)イーサリアム2.0は、イーサリアムのスケーラビリティ改善を目的に立ち上げられる大規模なアップグレードだ。イーサリアムは、取引承認のコンセンサスメカニズムをプルーフオフワーク(PoS)からプルーフオブステーク(PoS)に切り替える。フェーズ0の一部であるビーコンチェーンに先駆けて、ステーキング参加者が資金を用意するためのアドレスであるETH預金

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました