イーサリアム2.0、最新ロードマップ(計画書)を公開

リップル
最新ロードマップを公開イーサリアム(ETH)のヴィタリック・ブテリン共同創設者が、大型アップグレード「ETH2.0」に関するロードマップの最新版を公開した。3月に公開したロードマップにおおまかな進捗状況を示すバーを追加し、最近調整した内容を反映したと説明している。最新版3月公開のロードマップ主な変更点には、以下の変更点がある。各工程の進捗状況フェーズで区別するのではなく、主な工程を並列で進めることを明記シャーディングとロールアップの併用の可能性を追記ETH2.0は今月1日、コアとなるビーコンチェーンが無事ローンチした。次世代チェーンとして機能するイーサリアム2.0は、コンセンサスアルゴリズムを「Proof of Stake(PoS)」へ移行する点や、シャーディングの実装など、大規模な変更を伴うことから、完全な移行にはまだ数年かかる予定。以下がイーサリアム財団が公開していた今後のロードマップで、まずは、フェーズ0として、ETH2のブロックチェーンに当たるビーコンチェーンをローンチした。フェーズ1:2021年(ユーザーが利用する「シャードチェーン」実装)フェーズ1.5:2021年(シャード

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました