イーサリアム2.0、ETH1.0を吸収するのは「それほど遠くない未来」=コンセンシスのルービン氏

リップル
 12月3日に開催されたオンラインカンファレンス「エンタープライズにおけるイーサリアム」で、コンセンシス(ConsenSys)創業者でイーサリアム共同創設者の1人であるジョセフ・ルービン氏は、イーサリアム2.0が「それほど遠くない未来」に展開することになるだろうと語った。「エコシステムを知っている人々は、フェーズ0の立ち上げで非常に複雑な作業が行われたため、物事が展開するスピードについて非常に楽観的だ」と、ルービン氏は語った。イーサリアム2.0の展開は「フェーズ」ごとに行われると考えられていたが、ルービン氏は「並行して進行」していることを強調した。つまり、プロトコルのアップグレードは、多くの人が予想するよりもはるかに速く行われる可能性があるということだ。「シャードの形で膨大な量のデータが利用可能になる可能性が高く、重要な機能の多くがイーサリアム1からイーサリアム2に移行し、イーサリアム2がイーサリアム1を吸収するのはそれほど遠くない未来だ」ルービン氏は、ETH2.0 の次のフェースが今後9~12ヶ月の間にオンラインになると予想している。同氏は、データ可用性の量が今後増加することで、レイ

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました