国際送金の高速化実現へ──SWIFTが新サービスを提供開始

リップル
SWIFTの新たなサービスSWIFT(国際銀行間通信協会)の新たな高速送金サービス「SWIFT gpi Instant」が、世界で初めて実用化のフェーズに進んだことが分かった。まずは英国の金融企業Lloyds Banking Group(以下、Lloyds)のシステムに接続し、24時間休みなしで即座に完結する送金処理を実現。ブロックチェーン技術も誕生し、国際送金の高速化に対する需要が高まる中、今後はネットワークを広げ、現在のシステムよりも速くて、手数料が明確で透明性が高く、追跡性も高いサービスを世界へ拡大させる。SWIFTは今回のサービスに向けて、Lloydsを初め、英バークレイズ銀行やオーストラリア・コモンウェルス銀行らと協力して実験を重ねてきた。SWIFT gpi Instantは高速の国際送金を実現する「SWIFT gpi」を、英国の「Faster Payments」のような各国のインフラに接続することで利用できる。各銀行が既存のインフラモデルを使いながら、1週間休みなしで24時間送金処理を行えることが特徴だ。出典:SWIFTまた、今回のサービスは国内送金と同じようにシームレスに

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました