ビットコインは12月後半にかけてどう動く? 仮想通貨アナリストは「調整は短期的」

リップル
 過去数日間、ビットコイン(BTC)への売り圧力が強まっていた。ビットコインのマイナーは、3年以上にわたって蓄積してきた持分を売却してきた。これに加えて、取引所へのクジラ関連のBTCの流入が大幅に増加している。2つのデータの組み合わせは、マイナーとクジラの両者による売却があることを示している。ビットコインは、クジラ、マイナー、そしておそらく機関投資家による積極的の売りがあった後、1万8000ドル近辺で取引されている。アナリストは一般的に、1万9000ドル近辺は投資家が利益を確定させるのに論理的な価格帯であり、そのため調整は健全なものであったと考えている。12月の後半にかけて、ビットコインは徐々に上昇していくだろうと、アナリストたちは予想している。米ドルの回復は、ビットコインの短期的な調整に関係した可能性のあるもう1つの潜在的な触媒だった。数か月後の引き戻しの後、米ドル指数(DXY)は反発の動きを見せた。ドルの回復は、製薬大手ファイザーによるコロナワクチン流通のニュースと、2021年の広範囲な経済回復の見通しによって推進されたとみられる。米ドルの価値が上昇すれば、ビットコインや金(ゴール

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました