Flare NetworkとSPARKトークンとは?XRPのユースケース拡張へ

リップル
フレアネットワーク(Flare Network)は、2020年末にローンチが予定されているリップル(Ripple)と密接に関わるスマートコントラクトプラットフォームです。そのネイティブトークンであるスパーク(SPARK)はXRP保有者にエアドロップされる予定となっているため大きな話題を読んでいます。Ripple Labsが開発する分散台帳XRP Ledger2013年に創業したRipple Labsが配布した暗号資産XRPは、暗号資産市場で時価総額が常時5位圏内に位置するメジャーな暗号資産の一つです。Ripple Labs自体は銀行に対して国際送金のソリューション提供を目指しており、暗号資産XRPについてはRipple Labsが開発する分散台帳XRP Ledgerの送金ネットワークで使用される中間通貨として機能することを目指しています。しかしながらXRP Ledgerは送金ネットワークとして利用することを前提として構築されているため、イーサリアム(Ethereum)のような汎用性の高いスマートコントラクトの機能を備えていません。Flare Networkは、そういったXRP Ledg

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました