ビットコイン最高値を動かした“クジラ”──市場参入する新たなクジラの正体

リップル
ビットコインが11月末に最高値を更新した時、「クジラ」と呼ばれる大口保有者はどう価格に影響を及ぼしたのか?暗号資産(仮想通貨)取引所オーケーエックス(OKEx)が発表したデータは、一つの仮説を提示した。データによると、ビットコインが上昇している間、クジラと機関投資家はわずかな下落局面を巧みに利用してビットコインを購入、価格が反発すればスピーディにある程度の利益確定売りに動いた。一方、大部分の個人投資家は、最高値を更新する直前の下落局面で、パニック売りを行い、その後の価格上昇を傍観した。クジラと個人投資家は相反OKExでの8月から11月の取引データは、11月のビットコイン高騰時、ビットコインを大量保有している投資家、いわゆる“クジラ”と(おそらく)機関投資家が、ビットコインを売却して利益を得ていたことを示している。個人投資家などの小口投資家は11月、高値圏にもかかわらず、9月、10月と同じようにビットコインを買い続けた(OKExとブロックチェーンデータ会社Kaikoのレポート)。保有高別のビットコインの購買行動(8〜11月)出典:OKEx注目すべきは、ビットコインが最高値に近づいた11月

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました