クジラと個人投資家のビットコイン取引傾向を比較──仮想通貨取引所OKExレポート

リップル
ビットコイン取引を比較暗号資産(仮想通貨)取引所OKExは11日、リサーチ企業Kaikoと協力し、ビットコイン(BTC)取引のデータを分析したレポートを発表した。今年8月1日から11月30日までに期間を限定し、OKExにおけるステーブルコイン「テザー(USDT)」建の取引(BTC/USDT)をリサーチ。企業を含む大口投資家(クジラ)が価格が安い時に購入し、価格が上昇したら売却できているのに対し、個人投資家は価格が高い時でも購入をする傾向が強いことを示すデータが確認されたとしている。今回のレポートでは取引を以下の5つの数量に分類した。基準は任意であるとしながらも、個人投資家やクジラなど、市場参加者の一般的な特徴を表せていると主張。レポートでは、5BTC以上の取引はクジラによるものである可能性が高いと説明している。0〜0.5BTC0.5〜2BTC2〜5BTC5〜10BTC10BTC〜今回掲載されているデータの1つが以下の表だ。これは各月とリサーチ期間全体における取引の傾向を、買いをプラス、売りをマイナスで表現している。出典:OKEx例えば8月は全ての取引数量でマイナスの数値が大きくなってお

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました