ウィンクルボス兄弟「ビットコインと金の時価総額は逆転する」

リップル
 12月7日に開かれたシンガポールフィンテックフェスティバルで、ウィンクルボス兄弟はビットコイン(BTC)は金の時価総額は追い抜くことになると発言した。さらに、最終的にビットコイン価格が1BTCにつき50万ドルを超えるという以前からの予想を強調した。50万ドルを超えるという予想は、将来的にビットコインの時価総額が40倍に増加し、金の約9兆ドルの時価総額を超えるという仮定に基づいていると両氏は述べた。キャメロン氏は、新型コロナウイルスに起因する経済対策のために「膨大な量の紙幣が印刷されている」と指摘。紙幣が大量に出回ることによるインフレ懸念から、金やビットコインといった「安全資産」の需要が高まっていると話した。送付が容易なことや供給量の制限から、ビットコインには金以上に金融商品として強みがあるという。一方で、仮想通貨(暗号資産)の取り扱い方は国や地域によって異なり、明確な規制がないことで仮想通貨の成長が妨げられていることに言及した。両氏は仮想通貨を扱うスタートアップ企業が直面する障壁を減らすように、規制のサンドボックス(特区)を用意すべきと提唱。厳しい規制要件がイノベーションを阻害してい

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました