分散型金融(DeFi)が持つ非金融的なリスクとは? 仮想通貨調査企業がレポート

リップル
 仮想通貨データ調査企業のBraveNewCoin(BNC)のレポ―トによると、分散型金融(DeFi)には多くの深刻な非金融的なリスクが存在する。DeFiに関する金融的なリスクについてはこれまでも指摘されてきたが、今回の新しいレポートではイーサリアムベースのスマートコントラクトのプロトコルに関連するより技術的な懸念について詳しく説明している。BNCのアナリストであるサビエル・ミーガン氏が執筆したレポ―トでは、DeFiを扱う人ならだれでも知っているスケーラビリティのリスクから始まっている。ネットワークの輻輳により、ガス料金が高くなり、トランザクションが失敗したり、DeFiプロトコルが誤作動したり、意図したとおりに機能しなくなる可能性がある。イールドファーミングが活発に行われた時んは、イーサリアムのガス料金は急騰し、約15ドルを記録するまでになった。レポートでは今年3月に発生した仮想通貨市場の暴落の例をあげている。「2020年3月のブラックサーズデイで発生した。MakerDAOの関係者がオークションにアクセスして担保に入札できなかったため、担保が無料で売却された」スマートコントラクトが内部

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました