着々進むデジタル人民元、ネット商戦に合わせ2万件の取引実施

リップル
 地元メディアの報道によると、中国でEC大手の京東集団(JD.com)を通じてデジタル人民元の取引テストが2万件行われたことがわかった。中国では蘇州市では、住民を対象に12日にデジタル人民元のギブアウェイ(無料配布)を実施。中国で「ダブル12」と呼ばれる12月12日のネット商戦の日に合わせた。グローバル・タイムズによると、1980年代〜1990年代生まれのミレニアル世代の80%が12日に、JD.comを利用してデジタル人民元を使用。少なくとも1回で1527ドル以上が取引されたという。主に蘇州市の1万のリアル店舗がデジタル人民元のテストに参加した。蘇州市以外でもデジタル人民元のテストが実施されている。深センでは、1000万デジタル人民元が5万人に対して配布された。「赤い封筒」と呼ばれる抽選方式で当選者を選び、当選者の95%が200デジタル人民元を使ったと報告されている。こうした大規模なテストが行われている一方で、2021年にデジタル人民元がローンチされる可能性は低いとする声もある。上海にあるデジタル・ルネッサンス財団でマネージング・ディレクターを務めるチャオ・イン氏は「2021年は中国で

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました