スウェーデンがeクローナCBDCへの移行の可能性を研究

リップル
 スウェーデン政府はデジタル通貨への移行の可能性に関する公式レビューを立ち上げ、同国の中央銀行発行デジタル通貨、CBDCの実現を前進させている。ブルームバーグの11日の報道によると、このレビューはスウェーデンの決済インフラストラクチャーをデジタル通貨へ移行させることが可能かどうかを調べるものになるという。スウェーデンは世界で最もキャッシュレス経済が進んでいる国の1つだ。報道によると、スウェーデンのペール・ボールンド金融市場大臣は、政府は22年11月末までにデジタル通貨レビューを完了させる予定だと語ったという。スウェーデンの中央銀行、リクスバンクの金融委員会元委員長、アンナ・キンベリ・バトラ氏が同イニシアチブを率いる。ボールンド大臣は、スウェーデンのデジタル決済システムを安全に「万人が使える」ように機能させることが欠かせないと強調した。「デジタル通貨がどのように設計され、どの技術が用いられるかによって、金融システム全体に大きな影響をもたらす可能性がある」とボールンド大臣は述べた。スウェーデンはCBDC技術の主な先駆者となっており、19年末にはeクローナとして知られるデジタル通貨の試験的プ

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました