米国のバイデン次期政権は最終的に仮想通貨受け入れる、サークル社CEO語る 

リップル
米国の次期バイデン政権は、最終的には暗号資産(仮想通貨)の存在を認め、容認するだろうとの見方が強まっています。米国の大手ブロックチェーン企業サークル(Circle)の共同創業者で最高経営責任者(CEO)であるジェレミー・アレール(Jeremy Allaire)氏が12月7日、CNBCとのインタビューで語りました。商用インターネット同様最終的に仮想通貨受け入れへアレール氏は「(仮想通貨は)当初の商用インターネットと同様にインフラストラクチャーに大きな変化をもたらすことから、最終的には支持されることになると思う。そしてバイデン政権は、米国にさらに競争力をもたらすであろうインフラの変化に注目することになるだろう」と語りました。その理由として同氏は、仮想通貨は間違いなく「そのようなインフラの変化をもたらす中心的な構成要素になろうとしている」と語っています。米国はこれまで、イノベーションとされる仮想通貨を完全には受け入れていません。米国は、ブックチェーン技術のスタートアップ企業が成り立つ規規制上の枠組みづくり、ほかの国に後れを取っています。それが理由で仮想通市場リーダーのリップル(Ripple)

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました