ネム、上昇率ランキング1位へ

リップル
・2020年上昇率ランキング結果Coin Market Capより作成上図は1/1を起点とした当社取り扱い銘柄の上昇率を比較したグラフとなる。年末まで残すところ16日となるが、年初から現在までの銘柄の上昇率から今後の手がかりを探る。上図が上昇ランキングの結果一覧となる。これまでに、①当社取り扱い銘柄の全銘柄が年初来プラス圏で推移②当社取り扱い銘柄の中でXEMが群を抜いて上昇してきたことが分かる。XEMの急騰をみると2017年のバブル期を想起させるが、2020年はビル・ミラー氏、ポール・チューダー・ジョーンズ氏、スタンリー・ドラッケンミラー氏といった名だたる大物投資家がビットコインについて強気の見解を示すだけでなく、米決済大手であるペイパルが暗号資産サービスを展開するなど、2017年の急騰劇とは一線を画す様相となった。・バブルはまだ来ていない?Bloombergより作成上図はブルームバーグと暗号資産運用会社であるギャラクシー・デジタル・キャピタル・マネジメントが共同して設立した、機関投資家向けの暗号資産のベンチマークとなることを目的としたBloomberg Galaxy Crypto I

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました