『金持ち父さん』キヨサキ氏、仮想通貨ビットコインが2021年に5万ドルになると予想

リップル
 ビットコイン(BTC)価格は2021年に5万ドルに向かって上昇していく。こう語るのは『金持ち父さん 貧乏父さん』で知られるロバート・キヨサキ氏だ。キヨサキ氏は、2021年に「機関投資家のマネー」がビットコインにやってくることで、BTC価格をさらに押し上げることになると予想している。金とは異なる動きをしているビットコインキヨサキ氏は不動産投資や貴金属への投資家として知られており、これまでにも銀などの価値の保存手段となる資産に関心を示していた。キヨサキ氏は、ビットコインへの機関投資家のマネーの流入に基づき、BTCの次の目標は5万ドルであり、現在2万ドル以下で取引されているBTCは魅力的であると述べている。「ビットコインを購入しておいてよかった。次は5万ドルだ。2021年には機関投資家マネーが来るだろう」ビットコインが5万ドルになれば、その時価総額は9280億ドルに達する。そうなれば、金(ゴールド)の時価総額の10.3%にあてる(現在は2.9%だ)。ビットコインは、株式市場との相関が低いため、今後数か月で上昇するのには有利な立場にあるかもしれない。金のような伝統的な安全資産は、米国株が上昇

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました