2020年12月23日 XRP(リップル)オワコンなるか… (動画)

リップル
XRP(リップル)大幅下落ビットコインやイーサリアムが反発する一方、22,23日にかけてXRP(リップル)は大幅続落。前日比15%安の42円台まで売られた。上位足チャートも崩れ、厳しい情勢だ。XRP/USD週足(bitfinex)XRP保有者に対するSparkトークンに関する思惑やビットコイン高騰の余波で11月下旬に大きく上昇したXRPであるが、権利確定日を過ぎた12日以降、急騰の反動と材料出尽くしで売り優勢に傾いていた。大幅下落した背景には、21日のビットコイン暴落に連れ安したことに加え、米証券取引委員会(SEC)の動向がある。SECは23日、米リップル社及びGarlinghouse CEO、共同創設者のChris Larsen氏を相手取り、有価証券問題に関する提訴に踏み切った。SECは、米国に有価証券登録を行っていない暗号資産「XRP(リップル)」を2013年から7年間に渡って販売し、1300億円を超える資金調達を行った、と指摘しており、米国内の仮想通貨取引所の取り扱い方針などに影響が生じるおそれもある。一方、米国証券法に基づくXRPのステータスは、すでに数年前から議論の的となって

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました