「Sparkトークン=1ドル超え」が判断材料に欠ける理由──XRP保有者への仮想通貨付与・最新状況

リップル
「Sparkトークン=1ドル超え」で安心できない理由インドの仮想通貨取引所Giottusで取引されるFlare NetworkのSparkトークン関連取引の市場価格が話題になっている。Giottusでは、取引開始からの高値は一時2ドルを超え、16日時点の取引価格は、XRP価格と概ね同水準で推移(一時サイトがサーバーダウン中)。Giottusはこの取引価格について、海外メディアなどを通じて、「Sparkトークン=1ドル超え」をPR記事で宣伝した。Sparkトークンは、今月12日にXRP(リップル)保有者を対象としたエアドロップ(通貨配布)イベントが実施されたFlare Networkのネイティブトークンだ。受取対象のXRP保有者に対し、通貨の配布が予定されている。通貨の配布の時期は、2021年のローンチを目指すFlare Networksのネットワーク実装後から行われる予定で、日本人投資家に限らず、世界のXRP保有者はSparkトークンを未だ手に入れていない状況にある。なぜ、Giottusでは取引されているのかGiottusにおけるSparkトークンの取引は、いわゆるIOU(借用証書)を

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました