ETH2.0がマーケットに与える影響と資産としての性質変化

リップル
2020年12月にイーサリアム2.0のフェーズ0が開始して、Beacon Chainがローンチしました。これに伴い、ETHのステーキングも始まっています。ETH2.0がイーサリアム価格に与える影響とは今回はイーサリアム2.0がETHの価格にどのような影響を与えのるか、そしてアセットとしてのETHの性質の変化について解説します。イーサリアムやDeFi(分散型金融)などの情報を配信するニュースレターBanklessでは、「PoS移行後のETHは債券のような性質を持つアセットになる」という見解が述べられています。いままでも度々ビットコイン(BTC)はデジタルゴールドと呼ばれ、ETHはスマートコントラクトプラットフォームの使用手数料という意味で石油であると表現されてきました。そしてPoS(プルーフ・オブ・ステーク)移行後のETHには、債券のような性質が加えられると予想されています。ETHはインカムゲインを得られるアセットにこれまで通常、暗号資産はインカムゲインを得られないアセットでした。しかしETHはステーキングすれば利子のようにインカムゲインを得ることができます。また、サードパーティリスクが

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました