香港の取引サービス、リップルの取引を停止──SEC提訴の影響、アジアにも広がる

リップル
 香港のデジタル資産取引プラットフォームのOSLは23日、米証券取引委員会(SEC)がリップル社を提訴したことを受け、暗号資産(仮想通貨)「リップル(XRP)」の取引を停止したとツイッターで発表した。OSLは、香港証券取引委員会(SFC)から暗号資産企業として初めて認可を得たデジタル資産の取引基盤を運営している。お知らせ:米証券取引委員会(SEC)による、Ripple Labsと2人の役員に対する措置を受け、OSLでのリップル(XRP)の決済および取引サービスをすべて停止しています。停止はただちに行われ、新たな通知があるまで続きます。SECは、リップルが個人投資家への販売において連邦証券法に違反していると主張している。リップル社は、個人投資家への販売を通じて7年間で約13億ドルを調達したと言われている。アメリカでも、SECの訴状の提出に先立ち、リップルの上場を廃止した取引所もある。「OSLの厳格なコンプライアンスの一環として、デジタル資産について定期的にデューデリジェンスを行い、当社のプラットフォームでの取引に適しているかを評価している」と、OSLのウェイン・トレンチ(Wayne Tr

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました