DeFi(分散型金融)のスマートコントラクトリスクとはなにか

リップル
DeFi(分散型金融)の勢いがとどまる気配がありません。12月中旬の時点で約1兆6,000億円がイーサリアムのスマートコントラクトにロックされています。 勢いが留まる気配がないDeFi(分散型金融)ロックされている資産はユニスワップ(Uniswap)などで流動性提供されていたり、コンパウンド(Compound)やメイカーダオ(MakerDAO)などのプロトコルで他の資産借り入れのための担保資産として差し入れされていることを意味します。DeFiはノンカストディであり、取引所などを信用しなくていいという特徴がよく知られているかもしれません。しかしDeFiにもさまざまなリスクが存在します。その代表的なものとしては、スマートコントラクトリスクです。DeFi(分散型金融)のスマートコントラクトリスクとは?スマートコントラクトは一度デプロイをした場合、変更が容易ではないという性質があります。また、お金そのものをスマートコントラクトにデポジットするという性質からスマートコントラクトのバグによって、デポジットされた資金の引き出しが実行できないということが起こりえます。本番リリースされる前のコードのテス

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました