DeFi相場を先導したCompound、独自ブロックチェーンのホワイトペーパーを公開

リップル
独自ブロックチェーンへDeFiプロトコルのCompoundは独自のブロックチェーン「Compound Chain」とそれに伴うサービス改善の計画を発表した。独自チェーンによって、PolkadotやSolanaといった他のチェーンとマルチに接続。ETH基盤のみならず、より多様なアセットをプロトコルにもたらすことを目指す。コンパウンドは仮想通貨の貸借プラットフォームで、DeFi(分散金融)に分類されるサービスの一つ。コンパウンドのガバナンストークン「COMP」の高騰は、今夏のDeFiブームを先導したといっても過言ではない。仮想通貨の保有者は仮想通貨をコンパウンドにプールし、反対に借りる場合は手数料等を払って仮想通貨を借りることができ、仮想通貨を貸す側としては、貸し出すことで借り手の支払った金利を収入として得ることが出来るため双方にメリットがある。関連:DeFi相場高騰の火付け役、イールドファーミングでは何が起こったのか|特徴と熱狂の理由を解説新たに公開されたCompound Chainのホワイトペーパー(事業計画書)によれば、プロトコルが抱える幾つかの課題を解決する狙いが独自チェーン発表の

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました