ナイジェリアでビットコインの利用が急増  中央銀行が自国通貨ナイラでの送金を禁じる中

リップル
 アフリカ最大の経済大国ナイジェリアは仮想通貨採用の最前線となっており、同国におけるピアツーピア(P2P)のビットコイン(BTC)の流通量は増え続けている。Quartz Africaによると、ビットコインのP2P市場「Paxful」のデータにおいて、ナイジェリアは米国に次いで世界第2位の取引量を誇っている。Paxfulプラットフォームにおけるナイジェリア国民の取引量は2015年以降6万200BTC以上となっており、同時期の取引額はおよそ5億6600万ドル。コインダンスのデータでは、12月12日までの1週間に8億8630万ナイラ(約23億ドル)の取引活動が記録されている。ナイジェリア国民の間でビットコインの魅力が上がっているのは、複数の要因が重なったことが原因と思われる。中でも主な要因として、ナイジェリア中央銀行(CBN)の厳格な外為政策や、同国の法定通貨であるナイラの急速な下落がある。12月16日の公式発表において、CBNは国際送金業者(IMTO)に対し、海外在住の自国民への送金をナイラで処理するのをやめるように指示した。中央銀行によると、この措置は、国民が外国通貨の口座で国際送金を受

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました