DeFi=開発者を信用しなくてい良いはウソ!?Admin Keyリスクとは?

リップル
イーサリアムのスマートコントラクトにロックされる資金は約1兆6,000億円を突破するなど、その勢いが衰える気配を見せないDeFi(分散型金融)。ロックされている資産はユニスワップ(Uniswap)などで流動性提供されていたり、コンパウンド(Compound)で借り入れのための担保資産として差し入れされていることを意味します。DeFiに潜むさまざまなリスクDeFiにもさまざまなリスクが存在します。その代表的なものとしてスマートコントラクトリスクがあることはよく知られています。これについては下記コラムで解説しました。関連:DeFi(分散型金融)のスマートコントラクトリスクとはなにかただしDeFiにはスマートコントラクトリスク以外にもリスクが存在します。その1つはAdmin Keyリスクです。DeFiはノンカストディであり、取引所などを信用しなくていいという特徴がよく知られているかもしれません。しかし、DeFiもプロジェクトによっては、開発者を大きく信用しないと使えないものもあります。管理者のAdmin Key起因のリスクとはDeFiのプロトコルやアプリケーション、正確にはスマートコントラク

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました