仮想通貨ビットコイン、個人投資家のFOMOにはピークの兆候? 先物の資金調達率が焦点に

リップル
 CryptoQuantのデータによると、バイナンス・フューチャーにおえるビットコイン(BTC)先物の資金調達率は、12月18日にデリビットを上回った。歴史的には、これが起こった時には、ビットコインが天井を付けたか保ち合いの展開となっていた。ビットコインとイーサリアム(ETH)を含む主要な仮想通貨の資金調達率は、過去48時間で大幅に上昇した。これは通常、先物市場が過熱していることを示しており、反落の可能性が高くなっている。BinanceとDeribit の資金調達率  出典: CryptoQuantビットコイン 次はどうなる?ビットコインは最近の急騰の後、すでに比較的小規模な反発と保ち合いの展開を見せている。12月16日から17日までの2日間で、ビットコイン価格はバイナンスで1万9300ドルから2万3800ドルに急上昇した。この23%の価格急騰の後、BTC価格は3~4%程度の調整となっているが、これは過去の急騰後の調整としては比較的小さいものとなっている。先物での資金調達率が12月18日に主要取引所全体で0.1%を超えると、ビットコイン市場では価格の反落が起こった。ビットコイ

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました