「仮想通貨は岐路に立っている」OCCトップが主張

リップル
 2020年下半期にはビットコイン(BTC)価格が史上最高値を更新した他、米通貨監督庁による国法銀行の仮想通貨カストディ許可など多くのポジティブな動きがあった。一方でOCCトップであるブライアン・ブルックス氏によると、2021年に向けて仮想通貨規制は現在、不透明な状況に直面しているという。ブルックス氏は18日にCNBCのインタビューで、ビットコイン価格が上昇していることについてコメントを求められ、「値動きについては話せないが、私が何を心配しているかは話そう」として、以下のように語った。「こうしたことはすべて、大統領の交代を控えた環境で起きた。そして連邦議会では我々が導入したいくつかの規制保護を解体するよう求める声がある」最近では自己ホスト型ウォレットの禁止など、多くの仮想通貨規制が行われている。さらにはステーブルコインに対する包括的な規制案も提出されている。ブルックス氏は「我々の組織は、国法銀行でのカストディ業務を安全に行えるように努めてきた」とし、「銀行がいくつかのステーブルコインプロジェクトをサポートできるようにも議論してきた」と加えた。「保護がなくなった場合、この種の環境は心配だ

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました