手数料と預り資産、DeFi市場を読み解く正しい指標とは

リップル
分散型取引所のユニスワップ(Uniswap)は、イーサリアムでは最大の取引手数料を使っている。直近の8時間、イーサリアムネットワークで行われた取引の約30%を占めた。ユニスワップは11月13日以降、取引手数料でトップの位置を守っている。2位は約11%を占めたテザー社で、同社はステーブルコイン・テザー(USDT)を発行している。イーサリアムブロックチェーンの取引手数料は「ガス代」と呼ばれ、ユーザーはネイティブ通貨のイーサリアム(ETH)で手数料を支払う。ユニスワップが今年3月に「ユニスワップ・バージョン2」をスタートして以来、ユーザーは約24万イーサリアムもの取引手数料を支払っている。ドルに換算すると、約1億4600万ドル(約150億円)に相当する。ガス代が示すユニスワップユニスワップは分散型取引所(DEX)として、取引のために2万4000を超える市場を作り出し、週間ユーザーは10万人にのぼる。この数字を考慮すると、イーサリアムブロックチェーンの他のDeFiプロジェクトに比べて、ユニスワップがより多くのガス代を支払っていることは驚くことではないと、デューン・アナリティクス(Dune An

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました