リップルのガーリングハウスCEO「仮想通貨業界全体への攻撃だ」 SECの訴追を批判 | 拠点移設も「緊急性増す」

リップル
 「リップル、クリス、そして私が訴追で名前が挙げられたわけだが、これは仮想通貨全体への攻撃だ。この場合、XRPは業界のほかのすべてのアルトコインの代理者だ。これをきっかけに、雪だるま効果が起こるだろう。これはマーケットメイカーやコインベースなどの取引所にとっても良いニュースではない。これは、デジタル資産を扱う企業にとって、そして業界全体にとって酷い先例となる」ガーリングハウス氏はさらに、SECが「仮想通貨業界に対する全面的な攻撃に従事している」と批判した。ガーリングハウス氏は、リップルが法廷に置いて自らの主張が正しいことを証明すると宣言している。同氏は、XRPは「投資契約」ではないことを強調し、XRPの市場価値は証券とは異なり、リップルの活動とは相関していないと主張している。「私たちは法的に正しいだけでなく、歴史的にも正しい場所にいる」と、ガーリングハウス氏は述べている。ガーリングハウス氏はまた、SECの今回の行動により、リップルが米国外に拠点を移すという選択肢が「緊急性をもたらしている」とも述べている。同時に、ガーリングハウス氏は、バイデン新政権との間で協力を模索する余地が

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました