「バイデン次期大統領は仮想通貨をより厳しく統制する」 ビットコイン懐疑派のルビーニ氏が主張

リップル
 ビットコイン(BTC)懐疑派として有名なヌリエル・ルビーニ氏は、次期米大統領のジョー・バイデン氏がトランプ大統領よりも仮想通貨を統制しようとすると考えている12月24日のツイッター上での議論で、仮想通貨嫌いとして知られるルビーニ氏は、この業界を「汚水だめ」上で、バイデン政権がより厳しい態度を仮想通貨に取るだろうと予言している。バイデン政権ではより厳しくなる?ルビーニ氏は、米国の政策決定者がオンチェーンでのマネーロンダリング防止(AML)と本人確認(KYC)プロセスの実装を求めているというニュースにコメントしていたジェイク・チャビンスキー氏にツイッター上で噛みついた。仮想通貨支持派の弁護士として知られるチェビンスキー氏は、このアイデアは強制力のある法律になる可能性は「まったくない」と主張していた。これはあくまで、まもなく退任するムニューシン財務長官の「個人的な見解」だと指摘した。これに対して、ルビーニ氏は、チャビンスキー氏は「妄想的だ」と噛みついたのだ。「CEA(大統領経済諮問委員会)で私の上司だったイエレンをはじめとするバイデン政権のチームは、この脱税や、AML-KYC-TFC(テロ

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました