急反発した仮想通貨XRP、今後のシナリオについてはアナリストでも意見対立

リップル
 XRPは25日に40%近くの急騰を見せた。この急反発は、先物取引所でのショートスクイーズによって引き起こされたようだ。XRP/USD 1時間足チャート (Coinbase). 出典: TradingView.comXRPは0.2536ドルから0.3120ドルまでわずか4時間で急騰した。その後バイナンスといった主要取引所では0.3550ドルに達するまで上昇した。XRP反発を引き起こしたショートスクイーズ12月23日に市場全体が調整したとき、XRPはビットコインやイーサリアムの両方よりも、数多くの清算に見舞われた。資産価格に大きな変動が起こった時、ロング(買い)もしくはショート(売り)ポジションで過剰にレバレッジがされていれば、先物市場で清算が発生する。例えば、トレーダーが10倍のレバレッジを掛けている場合、トレーダーは10倍の金額を取引できるが、資産価格がポジションに対して10%変動すれば、ポジションが清算されてしまう。XRPの場合、米証券取引委員会(SEC)がリップル社と経営陣2人を訴追した後、ロングスクイーズが発生した。XRPの価格は0.2138ドルまで下落したため、XRPのショー

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました