BTC否定派のマーク・キューバン氏、ビットコインの価格システムを賞賛

リップル
 価格の急激な上昇は、ビットコイン批判者を徐々に肯定的にしているようだ。これまでに「バナナの方がビットコインよりも有益な交換手段だ」とビットコインを強く批判していたマーク・キューバン氏。NBAのダラス・マーベリックスのオーナーである同氏は23日に、マーベリックスのグッズのキャンペーンで、ビットコインを使って購入した場合に、25ドルのギフトカードをプレゼントするという企画を発表した。これまでにビットコインを批判してきたキューバン氏だが、最近ではビットコインが価値の保存手段であるという認識に変わってきており、徐々に態度が肯定的になっている。28日にはビットコインの価格上昇の仕組みを賞賛するツイートを投稿。「株式企業は、ビットコインから学ぶ必要がある。新たに株式を発行しないと誓うべきだ。そうすると株価はすぐに上昇するだろう」と指摘した。一方でキューバン氏は12月にビットコインに対し「ソリューションというよりも宗教」とし、金融商品ではないとの見解を示している。「各国は自国通貨と徴税能力を保護するための措置を講じるものだが、ビットコインが価値の保存手段以上のものであると考える人々が増えれば増える

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました