バイナンスの日本参入、可能性は? CZ氏が語る今後の展望

リップル
CZ氏とのQ&Aセッションに参加仮想通貨(暗号資産)取引所世界最大手のバイナンスのChangpeng Zhao CEO(通称:CZ)が、仮想通貨メディアと対話する機会を設けた。同氏とのQ&AセッションにCoinPostも参加し、見解を伺うことができたので紹介する。出典:CoinPostリップル社訴訟についてCZ氏は、米証券取引委員会(SEC)が証券法に違反するとして、リップル社を提訴した問題については次のように回答した。一般のメディアで公開されていること以上のことは知らないが、「ソフトな合意」に達することを願っている。仮想通貨業界はまだ新しく、規制が明確でない部分も多い。初めから明確なルールがあれば、業界の誰にとってもやりやすいのだが、残念なことに、裁判や訴訟を通して業界が定義されている流れがある。全ての業界が完全に規制に準拠し、安全に運営されることが望ましいが、新しい産業にとって、それは難しい。この訴訟が全般的にうまく展開し、業界に大きなダメージを与えないことを願っている。日本再上陸の可能性日本でバイナンスの事業展開を望む声もあるが、CZ氏によると、その可能性は低いと

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました