ビットコイン300万円台到達、加速する独走態勢に「3つの要因」

リップル
仮想通貨市場とビットコイン暗号資産(仮想通貨)市場では2021年1月1日、ビットコイン現物価格が史上初となる300万円の大台に到達した。BTC/JPY日足(bitFlyer)2017年の仮想通貨バブルで記録した過去最高値を塗り替え、2020年12月10日に2万ドル(約210万円)の大台を突破して以来、さらに騰勢を強めた格好だ。2020年の年間騰落率は+304%を記録した。株式市場では、日経平均は16.01%、米国株式の主要3指数が、ダウ平均が7.2%、S&P500種が16.2%、ナスダックが43.6%だった。仮想通貨市場全体におけるビットコイン占有率(市場のシェア)を示す「ドミナンス」を確認すると、終値ベースでは23日に70%台を回復。31日時点で71.2%まで上昇した。9月2日時点では57.2%だった。ビットコインドミナンス推移過去2年間の最高ドミナンスは19年9月の72.9%であるが、これを上回ればビットコインのアルトドレイン現象がより顕著となる可能性もある。ビットコインに資金集中する3つの背景ビットコインに資金集中する背景には、大きく分けて3点挙げられる。①SECのリップル提訴②

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました