イーサリアム強気相場に5つの背景、高騰続くビットコインは一時2万8千ドルに

リップル
仮想通貨市場とBTC(ビットコイン)週明け28日の暗号資産(仮想通貨)市場。BTC価格は、前日比3.6%高の281万円(27,100ドル)に。 ビットコイン(BTC)価格は前週末にかけて高騰。28,300ドル台を付けるも、25,770ドルまで急落するなど乱高下した。TradingViewのBTCUSDチャートテクニカル的な目先天井を示唆したことから、明け方にかけて反発を伴いながら大幅続落するなど調整局面にも思われたが、日足・週足の確定する午前9時を境に再び買い優勢となるなどボラタイルな相場が続いている。このまま薄商いの年末年始に突入し、調整局面が長引く可能性もあるため注意したい。イーサリアム高騰の背景XRPを開発する米リップルが提訴されたことを受け、BTC(ビットコイン)とETH(イーサリアム)への資金集中傾向も見受けられた。イーサリアムの高騰の背景としては、主に5つの理由が挙げられる。SECの動向CMEイーサリアム先物グレースケール投資信託次世代チェーンの好材料とDeFi需要良化する需給面とテクニカル1. SECの動向米証券取引委員会(SEC)は22日、「証券法違反」で米リップル、及

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました