プロトレーダー向け特化で競合と差別化、仮想通貨取引所オーケーコイン・ジャパンの馮社長

リップル
 今年3月に暗号資産交換業者としての登録を完了したオーケーコイン・ジャパン。同社が今後どのような戦略を取っていくのかを、馮鐘揚社長に聞いた。オーケーコイングループは香港や米国で取引所を展開している。プロトレーダー向け機能で競合と差別化既に国内では多くの仮想通貨取引所(暗号資産交換業者)がある中で、どのように差別化するのか?オーケーコイン・ジャパンの馮社長は、プロトレーダーに照準を絞ったサービスを展開することで、特徴を出していく考えだと言う。馮氏によれば、「OKグループのシステムはプロトレーダー向けに設計されている」。さらに「現状において一番ボリュームが大きいのは、法人の投資家だ。法人顧客は、取引高全体の8割を占めている」という。そのため、法人投資家やプロのトレーダーに向けた取引所として特化していく戦略だ。オーケーコインでプロトレーダー向けとして特徴を出していけるポイントは、3つある。1つは取引所サービスにおけるスプレッドの薄さと板の厚さ、2つ目が入出金及び入出庫への迅速な対応、もう1つがAPIの高速かつ安定性だ。現在、オーケーコイン・ジャパンでは取引所サービスのみを展開しているが、海外

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました