シンプレックス、VISAと提携で仮想通貨デビットカード発行へ

リップル
 イスラエルの決済企業シンプレックスは28日、VISAと提携し、仮想通貨対応のVISAデビットカードの発行が可能になったと発表した。オンランプ(法定通貨と仮想通貨を交換するサービス)を提供するシンプレックスには200社以上のパートナー企業がいる。同社はバイナンスやOKExなどグローバルに展開する仮想通貨取引所など200以上のパートナー企業向けに決済システムを提供している。これら企業に仮想通貨対応のデビットカードを提供できることで、リテール取引での仮想通貨普及が進むことが期待される。シンプレックスの広報担当はコインテレグラフに対し、今回の提携によってBtoB(企業間)取引を拡大することにつながると強調した。「(VISAの)プリンシパルメンバーとなったことで、我が社のパートナーネットワークに展開することが可能になった。基本的にシンプレックスのパートナー企業は仮想通貨または法定通貨のVISAカードが利用できるようになった」と述べている。シンプレックスは仮想通貨へのアクセス拡大を推し進めている。10月にはシンプレックスはテザーからユーロへの換金サービス開始を発表した。2020年は多くの仮想通貨

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました