Web3.0見据えるポルカドットの開発すすむ 代表が語る2020年の総括

リップル
 異なったブロックチェーンをつなげるプロトコル「ポルカドット(Polkadot)」の勢いが増している。同プロジェクトが30日発表した2020年の総括で、ステーキング分野でトップクラスの仮想通貨になりつつあることを明かした。ポルカドットはスイスのWeb3基金によって運営されるオープンソースのプロジェクトだ。創設者の一人であるガヴィン・ウッド氏はイーサリアムの創設にもかかわったとされる。情報サイトStakingrewards.comによると、ポルカドットが発行するトークン(仮想通貨)のうち63%以上がステークキング・ウォレットにロックされている。現在の価格から計算すると、実に約52億ドル(5000億円以上)だ。波に乗るポルカドットのトークンである「DOT」は今月56%以上上昇し、最もパフォーマンスの高い仮想通貨となった。時価総額ベースでは第6位の仮想通貨となっている。ユーザーを引き付ける最大のポイントはブロックチェーンを本質的に「分散化」するその仕組みだ。ウッド氏によるとポルカドットにおいては「約 200 の独立した運営者が274 のバリデーターを動かしている。さらに7000 を

リンク元

コメント

タイトルとURLをコピーしました